--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/09/18 (Sat) どうして避けるの?

CG Methodを始めてからいろいろなブログや書き込みを読んでいくにつれ、沸いてきた疑問。
基本として使用を避けている原材料のほかにも良くないと言われているものを見かけるようになり、なんでなのかなー、って。

ちょっと退屈かもしれませんが、簡単にまとめてみたので紹介してみますね。

こちらの2原材料はCGでは基本的に使用を避けたほうがいいといわれているもの。

Sulfate→どうして避けるの?→乾燥の原因になるから。油をすっきり落とすのに効果的だけど、髪や頭皮の潤いを守っている自然な油も根こそぎ落としちゃう。そうすると乾燥をどうにかしようとしてがんばって余計油を分泌し、髪はぱさつくのに地肌はべたつくってことになったりします。食器洗い用の洗剤などにも同じ成分が使われているということからもどれだけ乾燥の元になるかわかると思います。
      例:* alkylbenzene sulfonate
        * sodium laureth, myreth, lauryl sulfate, lauryl sulfoacetate
          ammonium lauryl and laureth sulfate
        * ammonium or sodium xylenesulfonate
        * sodium C14-16 Olefin sulfonate
        * sodium cocoyl sarcosinate
        * TEA-dodecylbenzenesulfonate
        * Ethyl PEG-15 cocamine sulfate
        * Dioctyl sodium sulfosucciante  等
       (一部Naturallycurly.comのCurlmartのデータ参照)


Silicon→どうして避けるの?→一時的に光沢やさらさら感を与えるシリコンは結構ヘアプロダクツに含まれています。でも、大半のシリコンは水に溶けず、髪の表面を覆ってBuild upするとFrizzや乾燥の原因になったりします。洗い流すためには乾燥の元になるSulfate入りのシャンプーを使わなければなりません。CGでは基本的にシリコン⇔Sulfate入りシャンプーのサイクルを断ち切るためにシリコン入りプロダクツを絶つ人は多いです。ただ、中には水溶性のシリコンもあり、これは水で流せるので使用してもOKと考えている人もいます。

  *原材料名の表記としては、通常 -cone、-conol、-xane は水に溶けないシリコンなので使用を避ける。
   ただ、その表記前にPEG、またはPPGと表記されているものは水溶性。(例:PEG-12 Dimethicone等)



そして、私が時々目にして気になっていた、上の二つ以外でたまに良くないものとして挙げられている原材料たち・・・

Mineral Oil
これは私、はじめいいものだって思っていたんですよ。無知だったものでNatural Oilと混同してました。Natural oilは植物などからとれたオイル(オリーブオイル、ココナッツオイル、アボカドオイル等)ですが、Mineral Oilは簡単にいうと石油(原油)を蒸留&精製して作ったものだということです。コストも安いし安全性の面でも特に問題ないということで、ベビーオイルをはじめいろいろな化粧品orヘアプロダクツに利用されているということです。ではこれがどういう働きをするか?というと、肌や髪の表面に膜を作って保護、絡まりの緩和、光沢を与えるなど。それだけ聞くとあんまり悪く聞こえませんが、要はシリコンと似たような効果があると言うことですね。そして、この成分もシリコン使用時よりはマイルドなものでいいようですが、Sulfateを使った製品でないとBuild Upの可能性があるようです。Build Upするとホコリや汚れを集めて毛穴がつまったりする原因や乾燥の原因にもなったりするようです。また、膜を作るので使用した後に潤い成分を補給しようとしても浸透を妨げてしまうということ。


Petrolium/Petrolatum
これはVaselineなどに使われているものですね。乾燥にいいと言われ、髪の毛にも使うといいって話を聞いた方も多いと思います。(私も経験あり)でも、これも結局はMineral Oilとほぼ同じものだということ。表面に膜を作ります。そして、皮膚や髪に浸透するわけではないので根本的な乾燥の解決にはなりません。十分に潤いを与えたあと、その潤いを閉じ込める役割で使うこともできるのでしょうが、定期的にきちんと落とさないとBuild Upする可能性があります。


そして、人によっては使用を控えたほうがいい製品・・・・Protein
傷んだ髪を補修する効果のあるProteinは結構いろいろなヘアプロダクツに使われているようです。人によってはすごくいい効果が出る反面、Proteinを取りすぎることによって、髪が濡れていても人形の髪のようにパサパサ、絡まりやすいなどの悪い症状が出るProtein Sensitiveという人もいるようです。Protein自体は悪いものではないので完全に絶つ必要はないようですが、Protein Sensitiveの人は使用頻度をなるべく控えめにしたほうが髪の調子がいいみたいです。自分がProtein Sensitiveかどうかを調べるには、Protein入りとそうでない製品を用意して使用感を比べてみるといいようですよ。なお、細い猫毛(fine hair)よりは硬めの毛(coarse hair)
の人にProtein Sensitiveな人が多いみたいです。
  *原材料の表記は Proteins, hydrolyzed(wheat,soy,oat..etc) proteins, and amino acids 等

プロテイン全般がダメな人もいれば一部のプロテインだけダメな人もいるようなんで、はっきりさせたかったら面倒だけど少しづつ試していくしかないのかも。私も最近細かいことを調べたので、うちの娘がProtein Sensitiveかどうかはまだはっきりわかっていません。

Protein-free製品例
Aubrey Organics Honeysuckle Rose
DevaCare One Condition
Tressemme Naturals Conditioner
Kinky Curly Knot Today
V05 Tea Therapy Conditioner

Sweetpeacurliさんのサイト/ページにもSulfate,Silicon,Protei free製品のリストがあるので良かったら参考にしてみてください。ただ、作成したのが結構前みたいなので原材料が変わったりしている製品もあるかも。使いたいものがあったら念のため自分でも調べてみてね。
私は自分で調べてみた結果、とりあえずMineral OilとPetroleumの使用は避けようと決めました。潤いを閉じ込めるっていう点ではNatural Oilでもできるからそれならそっちを使いたいな、と。Protein Sensitiveは時間がかかりそうだけど少しづつ試して影響があるのかどうか調べていこうと思ってます!




*なお、人によっては特に悪影響を感じないから、使用感が気に入ってるからということで基本CGでも上記の原材料を含む製品を使っている人もいます。気になるようだったら人の意見を鵜呑みにしないで、自分でも調べてみる&使用感を試してみて自分に合った製品を選ぶことをオススメします!



今回の記事は大部分がリンクにも貼ってあるnaturallycurly.comの記事や掲示板を参考にして書きました。

興味のある方は私が参考にした記事をいくつか張っておくので読んでみてね。

このページの左下にあるCurly Chemistryにもいくつかの原材料についての説明があります。

Mineral Oil関連→Mineral Oil-Has it gotten a bad rap?、 How bad is mineral oil?、 その他の関連記事
Petroleum関連→Which is worse in a product:petroleum or mineral oil?、 Petrolatum!!、 その他の関連記事  
Protein Sensitive関連→How do you know if you are protein sensitive?Protein Sensitive?What does that mean?、 その他の関連記事


また何か気になる情報を見つけたら紹介しますね?

スポンサーサイト

Basic | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/22 (Mon) Hot oil Treatment & Twist out

この週末は以前から気になっていたHot Oil Treatmentを試してみました。これまた以前Happy Girl Hairで見かけたものです。

私は今回オリーブオイル&ココナッツオイルを混ぜたものを使用してみました。
小さいボールに両方のオイルを入れて(主にオリーブオイルで少しココナナッツオイルを足す感じ/目分量です)、レンジで20秒くらいチン。スプーンで混ぜてココナッツオイルを完全に溶かし、熱くないかチェックして。。。

まず、トリートメント後洗うのでいつものように4パートに分けました。
で、1パートごとに少しづつオイルを手にとって手のひらに広げる→髪の毛に広げる の繰り返し。
私はべっとべとになるのは嫌だったので様子を見ながら少しづつ広げていきました。
毛先を重点的に、髪の毛全体に・・・・私はもうこの時点でパサパサだった髪の毛が少しやわらかいなーって感じがしました。で、それぞれのパートをお団子にしてクリップをとめ、シャワーキャップをかぶせます。
で、その上からタオルで覆って30分ほど待ちます。Happy Girl Hairではドライヤーなどで暖めた乾いたタオル、ということだったのですが、私は少し濡らしてレンジでチンした蒸しタオルを使用しました。

30分したらタオル&シャワーキャップを取って、いつもどおりに洗髪です。
このトリートメント、私は結構気に入りました。髪の毛がふんわりした感じ。
月1くらいでお手入れのルーティーンに加えようと思います!

で、今週の髪型。今週はTwist outに挑戦することにしました。
まず、洗った髪を小さいパートに分けてツイストしていきます。この時、それぞれの束をねじってからツイストすると
ややドレッド風のわりとタイトな束になります。うちの娘はそれを嫌がるので今回はそれぞれの束はねじらずそのままツイストしてます。

今回は1ブロックごとの濡れた髪にDarcy's BotanicalsのMadagascar Vanilla Styling Cremeを伸ばす→デンマンで梳かす、Fantasia ICジェルを伸ばす→デンマンで梳かす、という順で作業してます。

大体1束これくらい
DSC01486.jpg

で、梳かします
DSC01487.jpg

梳かした直後。半分くらいでカールのテクスチャーが変わってるのわかります?
これがリラクサーの名残です。
DSC01490.jpg

こんな感じでツイストしていって
DSC01492.jpg

ツイスト完成
DSC01493.jpg

で、これを完全に乾かします。うちは今回少しdefuserを使ってそのあとスカーフを巻いてそのまま寝かせました。翌日完全に乾いているのを確かめてから、ツイストを取ります。

とった直後
DSC01494.jpg

その後お好みでさらに1束を2?3つに分けていきます。(そうするともっとボリュームがでます)
↓、1日ポニーテールにしてピクニックに出かけて戻ってきた後に撮った写真です。あんまりFrizzyになってないのわかります?
DSC01520.jpg46353501_648008165[1]

うちの娘はBig Hairは目立つから嫌だそうで、これをポニーテールにして学校に行きますが最初の2-3日はFrizzも少なくわりときれいです。週後半になるとちょっとぼさぼさになってきますが・・・それでも髪が絡んで大変!てことにはならないので良かったら試してみてくださいね?!

お手入れ方法 | trackback(0) | comment(2) |


2010/03/11 (Thu) 私の道具たち

今回は私の使っている道具を紹介します!


まずはWide Tooth Comb(目の粗い櫛)これは髪にコンディショナーをつけたときや、スタイリング前に髪の毛の絡まりをとるのに使ってます。私のはGoodyのです。
DSC00016_convert_20100312062119.jpg


これも髪の絡まりをとるのにいいというウワサを聞いて買ってみたのですが、私はどうも使いにくかったのでそのまま眠っています。。。でも、私がいろいろ参考にさせてもらっているHappy Girl Hairの方はこれを愛用しているみたいなので、人それぞれなのかもしれませんね。
DSC00017_convert_20100312062214.jpg


ちなみに前から見るとこんな感じで櫛の歯が互い違いに湾曲してるんですよ。
DSC00018_convert_20100312062235.jpg


で、スタイリング時に使うデンマンブラシ。カールがきれいに揃います。目が細かいので少しづつ梳かさないと痛いかも。これは9Row(9列)のものなんですが、もう少し少ない3?5列のものでも十分いけると思います。日本ではわりとよく見かけますけど、なぜかうちの近所にはあまり売っていなくて、最近購入したばかりです。
DSC00013_convert_20100312062325.jpg


お尻が太めの針のようになっている櫛。これは編んだりするときにパートに分けるときに使ったりしてます。お尻の針のようになっている部分は髪を分けたときに分け目が少しゆがんじゃったときなどに細かい修正で使ったり、細めのブレイドや髪の絡まりをほどくのに使ったりもできます。
DSC00015_convert_20100312062138.jpg


これはクリップ。1袋にいくつか(8個くらい?)入って売ってました。髪を洗うとき、うちでは4パートにわけるので、その際分けた髪をくるくる巻いてとめるのに使ってます。編んだりするときにも余分な髪の毛をきっちり留めておくと巻き込んだりぐちゃぐちゃになったりするのを防げると思います。慣れないうちは特にそのほうが作業もしやすいです。
DSC00019_convert_20100312062259.jpg


これはDiffuserつきのドライヤーです。CGは基本的に自然乾燥なんですけど、急いでるときや寒い時期に長時間びちょびちょの髪の毛でいるのもつらいですよね?で、これパーツをつけると普通のドライヤーみたいに風がばんばんあたらないので髪が広がりにくく、なおかつ髪も自然乾燥よりは早く乾かせるみたいです。美容院にあるおかまみたいな、座って頭にあてるタイプのでもいいみたいですけど、あんまり一般家庭にはないですよね?また、このパーツが手に入れられない場合は、ドライヤーにきれいなソックスをかぶせると即席Diffuserになるみたいです。
DSC00029_convert_20100312061917.jpg


これがDiffuserのアタッチメント部分です。私のはたまたまドライヤーに付属部品としてついてきました。
DSC00028_convert_20100312061950.jpg

道具 | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/11 (Thu) 私のお手入れ手順

※初めてCGを試す場合は、最後に1回だけSulfate入りのシャンプーで髪を洗ってください。(今まで使っていた製品のシリコンを洗い流すため)

CG Methodについては→こちらを見てみてくださいね。


それでは私のお手入れ手順です。


CGでは基本的にシャンプーしない人もいるようですが、うちの娘はC0-WashだけではさっぱりしなかったようでかゆがったのでSulfate Freeのシャンプーで洗っています(Low Poo)。洗うのは週1です。Low Pooのほかにもカップ1のお湯にApple Cider Vineger大さじ1を混ぜたもので地肌&髪を流すビネガーリンス(お酢の匂いは髪が乾けばほとんど消えるらしい)、ベーキングソーダスクラブ等もあるようです。シリコン以外にも髪に蓄積してしまう成分が含まれてることもあるようなので月1度くらいはLow Pooや他の方法で蓄積したものをきれいに流したほうがいいみたいです。
シャンプーの頻度はお好みですが、我が家は週1です。あまり頻繁なのもよくないみたいなので、髪や地肌の状態を見て加減してあげてくださいね。

1、Trador Joe'sのTea Tree OilシャンプーDr.Bronner Magic Soapでシャンプー。
 うちの娘は髪の毛が異様に多い&長さが結構あるので4つのパートに分けて、クリップでとめて、1パートづつ洗ってます。
こんな感じ↓
DSC00043.jpg

髪の量や長さによっては分ける必要はないと思うし、2パートでも大丈夫だと思えばそれでもかまわないと思います。基本的に地肌を中心に洗ってます。あまり無理に髪の毛全体に泡をひろげようとしてません。




2、Trador Joe'sのTea Tree OilコンディショナーでCo-Wash。
  私は1パートにつき水ですすぎ→シャンプー→すすぎ→Co-wash→すすぎでクリップでとめてます。この時も洗うのは地肌中心ですすぎは念入りに!我が家は週1ですが、Co-Washは毎日でもOKみたいです。

3、髪をコンディショニング(トリートメント?)私はSallyで買ったGenericブランドのConditioning Balmと、Co-Wash又はスタイリングでも時々利用するSuave Natural Tropical CoconutコンディショナーVO5 Herbal Escape Free me Freesiaコンディショナーを混ぜて使ってます。
私は最初のパートに戻って水で濡らす→コンディショナーを髪全体に広げる→目の洗い櫛か手櫛でよく毛の絡まりを取る→そのままねじってクリップでとめる、としています。水分が多いほうがコンディショナーを髪全体に広げやすいので、水分が足りないと思ったら霧吹きで髪にお湯を吹きかけて水分を補充してもいいと思います。
SuaveやVO5は安いし、アメリカだったらどこでも手に入りやすいので便利かもしれません。私はFree me Freesiaの匂いが結構好きなんですよ?!いい匂いコンディションはCo-Washをするたびしたほうがいいと思います。

4、全部終わったら、そのままシャワーキャップをかぶって体や顔を洗う。

5、コンディショナーを軽く流す。(ほんとうにさっと流す程度でOKです)で、軽く絞ってまたクリップでとめる。T-シャツやマイクロファイバーのタオルで上から軽く水気をとる。(頭に巻いちゃってもOKです)

6、(うちはここで洋服を来て部屋に移動します)水がぽたぽた垂れるので、肩にタオルをかけておきます。で、小さめのセクションをとって、Leave-inコンディショナーをつけ、さらにジェルをつけてデンマンブラシで髪を梳かします。絡まっている場合は毛の根元を手でつかみ、毛先のほうから梳かしていって、少しづつうえのほうにあがっていくと痛みが少ないみたいです。この時も髪が乾いてきてしまったと感じたら霧吹きなどで水分を補給しながらやるといいと思います。私が使っている商品はジェルがFantasia IC Gel、コンディショナーは、Carol's DaughterのHair Milkか、3で使ったSuaveやVo5のコンディショナーを使ったりします。

カールがゆるい場合はセクションわけ&デンマンブラシなしでも、髪がびちょびちょのままコンディショナー→ジェル→手櫛、または目の粗い櫛で梳かす→スクランチ(手を丸くして下からカールをつかみながら持ち上げるようにする)もOKだと思います。
このビデオ、参考になるかな?うちの娘はカールがきつめ(3Cくらい)なので、この方法ではダメでした。このビデオのJessicurlもCGフレンドリーのヘアプロダクツを扱ったお店みたいですよ。私は使ったことないのですが・・・

7、うちは以前家でやったリラクサーが少し髪に残っていて、カールが不規則なのでそのままおろすことはしませんが、小さいお子さんや全体的にナチュラルだったらこのまま自然乾燥すればぼさぼさにならずにきれいなカールが出ると思います。
編んだりする場合は6のセクションに分ける時点で編みたいようにセクション分けして、分ける→コンディショナー→ジェル→編む 次のセクション→コンディショナー・・・っていうようにしています。

以上です。デンマンブラシで梳かすっていうのはCG Methodではないのですが別のカーリーヘア向けのサイト、tightlycurly.comで見かけてはじめました。デンマンで梳かすとカールがきれいに揃うんですよね。この人はコンディショナーを洗い流さず Low Poo→Co-Wash→コンディショナー→洗い流さずスタイリングという方法みたいですが、サイトには結構役に立つ情報も載っていました。なお、ここで紹介されているHerbal Essenceのコンディショナーはシリコンを含みます。私はその中のCyclopentasiloxaneというシリコンベースの原材料が腫瘍の原因になることがあるっていう記事を見かけてしまったので、頭につけっぱなしにするのも嫌だな・・と思って使うのはやめました。シリコンもCG向けじゃないし・・・。Herbal Essence、いい匂いだからできれば使いたかったんですけどね。

お手入れ方法 | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/10 (Wed) CG Method

初ブログ、初投稿でちょっと緊張気味ですが。。。
私が今のお手入れ方法をするきっかけとなった"CG Method"についてちょっと説明したいと思います。

まず、CGとはCurly Girlの略だそうで、NYにあるカーリーヘア専門のDevachan salonというヘアサロンを経営しているLorraine Masseyていう人が考えたカーリーヘアのお手入れ方法なんだそうです。も出ているみたいなので興味のある人は読んでみてくださいね!そういう私は読んでないんですけどね・・・汗。(ちなみに人種にかかわらずカーリーヘア向けなのでブラックの人専門というわけではありません)

カーリーヘアはストレートの髪に比べて乾燥しやすいので、なるべく保湿に力を入れて手入れをする必要があるということで。。。

簡単に言うと、
1、Sulfate(硫酸塩・硫酸エステル)を含んだシャンプーを使わない。
2、シャンプーの代わりにコンディショナーで洗う。
3、シリコン(特に水溶性でないもの)を含んだコンディショナーやスタイリング材は使わない。
4、髪は濡れた状態でスタイリング、乾くまで絶対に触らない。

というものです。

どうしてかというと、
1のSulfateはお皿洗いの洗剤などにもよく含まれる成分で、油汚れ等をさっぱり落とすにのには有効ですが、自分から出る自然な油も全部落としてしまうため髪&地肌ともに乾燥の原因になりやすいんだそうです。また、自然な油を落として乾燥するため、それを補おうと油を分泌しすぎて髪がぱさぱさなのに地肌がべたつく、という原因になることもあるみたいです。

2は、使用するコンディショナーシリコンを含まないものに限ります。(理由は3で)コンディショナーにはシャンプーにも含まれる界面活性剤が入っていて、これにも汚れや余分な油分を落とす効果があるのでシャンプーの代わりにコンディショナーで頭を洗いましょう、ということらしく。コンディショナーウォッシュの略でCo-Washと言われてるみたいです。全くシャンプーで頭を洗わないでCo-Washのみの場合はNo Poo、Sulfateを含まないシャンプーで頭を洗ってる人はLow Pooしてる、といわれてるみたいです。

3のシリコンは、髪の表面をコートしてキューティクルを閉じるので、一時的にはさらさらになった感じがするけれども、水に溶けないのでSulfateを含んだシャンプーでないと洗い流せず、髪に蓄積していってしまうんだそうです。Sulfateを含まないシャンプーを使うとなると、シリコンを含む製品も絶たないと悪循環が断ち切れないのでシリコン断ち、ということみたいです。では、シリコン入りの製品を使い続けて、シャンプーはSulfateを含まないものをつかったらどうなるか・・というと、髪についたシリコンが髪に蓄積していって髪が窒息状態となり、最悪薄毛の原因になったりもすることもあるらしいです。ただ、シリコンには水溶性のものとそうでないものがあって、水溶性のものなら水で洗い流せるので使っても大丈夫、という意見もあるようです。

4はカーリーヘアは乾燥した状態だとどうしても絡まりやすので、そこで無理に髪の毛を梳かすと切れ毛等の原因にもなるし、引っ張られて痛いですよね?なので髪を梳かすときは必ずびちょびちょに濡れている+コンディショナーですべりをよくした状態で。また、乾かす最中に手で触ったりすると広がる原因になるので、完全に乾くまでは絶対に触らないというのもポイントみたいです。

なお、効果を実感できるまでには個人差があるみたいです。使うプロダクツが自分に合っているかどうかでも効果が違ってくるようです。なので、人によっては多少忍耐が必要かもしれません。。。


以上、長くなりましたがいろいろな書き込みやブログを見て私なりに解釈したCG Methodの説明でした。


このブログにはCG Methodがすごく詳しく説明してあります。私には一番わかりやすかったです。私のはだいぶ簡単にまとめちゃいましたが書く際参考にさせてもらいました。

リンクにもあるnaturallycurly.comにもいろいろな情報が載っています!




お手入れ方法 | trackback(0) | comment(2) |


| TOP |

プロフィール

JM mom

Author:JM mom
African Americanの夫との間に息子と娘が一人づついます。
息子は常に短髪ですが、娘がうまれてからカーリーヘアの手入れがよくわからずにずーっと試行錯誤してきました。
最近みつけたCG Methodから自然派に移行中。今までで一番気に入っているお手入れ方法です。アメリカノースキャロライナ州在住。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。